08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

常滑市議会議員 加藤が「動く!」

日々の暮らしの中で笑顔あふれる街にしたい。常滑市議会議員 加藤久豊の政治姿勢は「動く!」です。

本日は市議会本会議が開催されます。 

昨夜は地域の町内町さんが一堂に会し、防災訓練への参加協力など話し合われました。ぜひ多くの皆さんに参加して頂きたいと思います。よろしくお願いします。
さて、本日は市議会本会議開催日です。議案質疑など行われ、終了後には予算委員会と続きます。市民の皆さんに直結した大切な補正予算審査です。しっかり取り組んで参ります。

また、26日に開催される市議会協議会の協議案件も公表されました。しっかり精読して望みたいと思います。
CCF1_000077.jpg
スポンサーサイト

category: 議会の動き

cm 0   tb 0   page top

本日も市議会一般質問が行われます。 

昨日に引き続き、本日も市議会一般質問が行われます。5名の議員さんが登壇し市政を質します。CCNCで中継もされますのでぜひご覧ください。
①西本真樹議員
1来年度から始まる国民健康保険事業について
2児童育成クラブの長期休暇利用について
3民泊について
②伊奈利信議員
1同報系防災行政無線の整備について
③成田勝之議員
1道路の混雑対策について
2交通マナーアップの啓発について
④盛田克己議員
1健康遊具の設置について
2太陽光発電設置場所について
3職員の定年延長について
⑤井上恭子議員
1健康寿命延伸の施策を
2不透明な契約のチェック機能の強化を
3ごみ減量はより早く市民と情報交換を

category: 議会の動き

cm 0   tb 0   page top

市議会一般質問初日終了 

市議会一般質問初日が終了しました。今日は5名の皆さんが登壇されました。大変参考になる質疑もありました。
さて、今回の質問では、常滑市強靱化地域計画策定について取り上げさせて頂きました。国は強くしなやかな地域作りを推進しています。多くはないものの、全国の自治体で策定されている強靱化計画を常滑市でも策定しようと訴えました。いつ来るか分からない災害。強靱な地域作りは大切な事です。(長文です。)
Q.国は平成25年12月に、「強くしなやかな国民生活の実現を図るための防災・減災等に資する国土強靱化基本法」を公布・施行し、強靱な国づくりを推進していている。基本法第4条では、「地方公共団体は、国土強靱化に関し、地域の状況に応じた施策を総合的かつ計画的に策定し、及び実施する責務を有する。」とされており、愛知県においても、平成27年8月に「愛知県地域強靱化計画」を策定し、県内では名古屋市、豊橋市、田原市がそれぞれ策定した。
一方で、地方公共団体の広がりは伸びておらず、国は、この計画の策定が少ない状況を踏まえ、国土強靱化の推進に向け、特に市区町村における地域計画の策定を促していくことが重要と位置づけ、喚起に努めていている。
 強い市域をつくり、常滑市民の命を守るために、常滑市でも避けなければならない最悪の事態を想定し、常滑市国土強靱化地域計画の策定に向け検討すべき時期だと感じるがとの考えはどうか。

A.常滑市では、強靱化と関連する防災計画、国民保護計画、業務継続計画などあり、それらの計画との整合性から事務事業には大変な労力を有する。ただし、計画策定の必要性については市として理解しているところだ。現状は情報収集に努めているが、優先的に進めている防災無線整備等もあり、すぐにとはいかない。引き続き国や県の動向や近隣市町の状況を見ながら中長期的に研究していきたい。
Q.強靱化の反対言葉は脆弱化。脆弱とは、もろく弱いこと。強靱化とは、その弱いところを強くしようということだ。まず、冷静な分析で、常滑市の脆弱なところは何か、ハード面に特化してどう分析しているか。
A.脆弱な部分を抽出して強くしていくことが強靱化のもっとも大切な部分。常滑市においては58年経過している堤防や地盤の弱い部分があると感じている。
Q.常滑市の脆弱部分をより詳細に把握するため、担当課が主になり、各課が所管する施設などすべて洗い出し、一元化をしてみたらどうか。
A.脆弱な点を整理することは強靱化の核になる。意義は高いがすぐは出来ない。検討してみる。
Q.人命優先の考えのもと、脆弱な農道など、時間雨量何ミリを越えた場合や大地震発生時は、この道路は閉鎖するとか、具体的な安全対策を示しても良いと思う。これまでの事後対応から、これからはこうした予防対応に市の方針をしっかり打ち出ていくほうが良いと思うが、どうか。
A.台風については事前情報が入るため、出来るものについては対応を検討したい。
Q.強靱化計画策定について、国は、制定から5年をめどに見直しを行うといわれている。常滑市の総合計画も動き出したばかりだが、計画見直し時期に合わせてこの強靱化についても検討することはどうか。
A.中長期的に研究とは、計画のあり方について地域計画はあらゆる分野で示すもので、国は最近のガイドラインで総合計画と一体的に整備することが良いと指針している。策定の検討も含め、策定を考えるタイミングは総合計画改定の時期。早く地域強靱化計画を持つことも大切であり、総合計画の見直しの段階で検討していきたい。

20170914_165020.jpg

category: 議会の動き

cm 0   tb 0   page top

本日は市議会一般質問が行われます。 

今朝の中日新聞1面に、愛知県がG20を2019年に空港島に完成する愛知県国際展示場へ誘致に向けて検討しているとありました。ビックニュースです。もし実現できれば凄いことです。誘致が上手くいくことを願うばかりです。
20170914_044223.jpg
中日新聞より
さて、本日は市議会本会議一般質問が行われます。本日、登壇する議員さんは5名。傍聴も出来ますし、CCNCでも中継されます。ぜひご覧ください。
①加藤代史子議員
1地域共生社会の実現について
2歯科医療について
3がん対策について
4防災・減災について
②森下宏議員
1常滑市の遊休土地・建物の最近の状況と対策などについて
③加藤久豊
1常滑市国土強靭化地域計画策定について
④杉江繁樹議員
1第5次常滑市総合計画によるまちづくりの推進について
⑤相羽助宣議員
1常滑市内児童生徒国際交流推進協議会(TSIE)に対する市の取り組みについて
2社会体育施設について

category: 議会の動き

cm 0   tb 0   page top

本日より市議会定例会が始まります。 

本日から10月10日までの28日間の予定で市議会本会議が始まります。しっかり取り組んで参ります。尚、上程議案は以下の通りです。
報告/①平成28年度決算に係る常滑市の健全化判断比率について②平成28年度決算に係る法非適用企業に係る特別会計の資金不足比率について③平成 28 年度決算に係る常滑市水道事業会計の資金不足比率について④平成 28 年度決算に係る常滑市モーターボート競走事業会計の資金不足比率について⑤平成 28 年度決算に係る常滑市病院事業会計の資金不足比率について
承認案/①常滑市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の専決処分の承認について
議案/①平成 29 年度常滑市一般会計補正予算(第2号)②平成 29 年度常滑市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)③平成 29 年度常滑市農業集落家庭排水処理施設特別会計補正予算(第1号)④平成 29 年度常滑市下水道事業特別会計補正予算(第1号)⑤平成 29 年度常滑市常滑駅周辺土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)⑥平成 29 年度常滑市水道事業会計補正予算(第1号)⑦平成 29 年度常滑市モーターボート競走事業会計補正予算(第1号)⑧平成 29 年度常滑市病院事業会計補正予算(第2号)⑨常滑市同報系防災行政無線整備工事請負契約について
認定案/①平成 28 年度常滑市一般会計歳入歳出決算認定について②平成 28 年度常滑市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について③平成 28 年度常滑市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について④平成28年度常滑市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定について⑤平成 28 年度常滑市農業集落家庭排水処理施設特別会計歳入歳出決算認定について⑥平成 28 年度常滑市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について⑦平成 28 年度常滑市常滑東特定土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定について⑧平成 28 年度常滑市常滑駅周辺土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定について⑨平成 28 年度常滑市水道事業会計決算の認定及び剰余金の処分について⑩平成28年度常滑市モーターボート競走事業会計決算の認定及び剰余金の処分について⑪平成 28 年度常滑市病院事業会計決算認定について
同意案/①常滑市固定資産評価審査委員会委員の選任について

category: 議会の動き

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ