03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

常滑市議会議員 加藤が「動く!」

日々の暮らしの中で笑顔あふれる街にしたい。常滑市議会議員 加藤久豊の政治姿勢は「動く!」です。

常滑駅前商業施設整備事業 

名古屋鉄道さんが2018 年度の設備投資計画をまとめ正式に公表しました。その中には、開発事業費も計上されており常滑駅前の整備事業についてもイメージパースがありました。公表資料ではテナント名などはわかりませんが、いよいよ駅前開発が動き出しました。
20180328.jpg
名鉄発表のイメージパース(プレス資料より引用)
スポンサーサイト

category: まちづくり情報

cm 0   tb 0   page top

新開町6丁目への企業進出 

常滑市では、常滑市土地開発公社所有の新開町6丁目に企業立地を進めていたのですが、㈱テルミックさんが既存の進出地の隣接地を新たに増設用地をとして契約したと書面報告がありました。企業立地推進室の報告書によれば、これで新開町6丁目工業用地はすべての契約済みとなったとの事です。これまで地道に企業立地を進めてきた成果がでました。
イメージパースも添付されていました。検査センターの建設を予定しているそうです。常滑でのますます発展をお祈りします。

CCF1_000126.jpg
公表された完成予想図

category: まちづくり情報

cm 0   tb 0   page top

建築計画の看板を見ながら・・。 

常滑市内で建築計画の看板を見かけました。旧市民アリーナ付近、リクシルさんの近くです。計画によると10階建ての集合住宅で、平成30年7月ごろ着工予定のようです。
20180228_135354.jpg
また、ホテルルートイン常滑駅前アネックスさんの建築計画も告知されています。
20180228_135119.jpg
いずれの計画を見ながら、常滑市はとても元気だと実感しています。民間の活力により、これからどんどんのびていく街ですね。

category: まちづくり情報

cm 0   tb 0   page top

常滑市新市庁舎移転先は飛香台(市民病院東側) 

昨日、開催された市議会特別委員会で、市庁舎移転先を飛香台(市民病院東側)へ移転すると市長から説明がありました。建設候補地及び整備方針が示されたことで、いよいよ新市庁舎計画が具体的に動き出します。
市の方針では、市庁舎とともにホールや公民館、図書館など一体的に整備し、複合化を図っていくものです。財政厳しい中での計画です。今後皆さんと知恵を出しながら、取り組んで参ります。

20180221_041625.jpg
NHKニュースより
20180220_130225.jpg
新市庁舎建設予定地

category: まちづくり情報

cm 0   tb 0   page top

常滑駅周辺の活性化に向けて 

名鉄常滑駅前のパレ跡地に、食品スーパーや居酒屋チェーン、カフェ、コンビニエンスストアなどが開業する見通しと今朝の中部経済新聞にトップ記事として報道されていました。報道では平成30年秋のオープンを予定しているとありました。
平成29年6月議会で、バレ跡地の再開発計画について、言及しましたが、その時点では新商業施設の計画がある旨を聞いているとの答弁でしたが、いよいよ時を経て、具体的に計画が動き出したことになります。
報道通り新たな施設がオープンすれば、新たな駅前活性化が動き出しそうです。とても楽しみです。正式な発表が待ち遠しく思います。

CCF1_000099.jpg
中部経済新聞より

category: まちづくり情報

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ