12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

常滑市議会議員 加藤が「動く!」

日々の暮らしの中で笑顔あふれる街にしたい。常滑市議会議員 加藤久豊の政治姿勢は「動く!」です。

屋根貸し制度 

発電会社が家庭の屋根を借りて太陽光発電事業をできるようにする「屋根貸し」制度を、今夏までに新設する方針だとを経済産業大臣への取材結果を朝日新聞が報じています。
7月から自然エネルギーの固定価格買い取り制度が始まるのに合わせ、太陽光発電の参入企業を増やすねらいだそうです。もちろん新設されればの話ですが、素晴らしい提案だと感じています。
確かに、家庭の屋根への太陽光パネルの設置費用は、標準的なもので200万~300万円程度かかりますし、発電した電気は電力会社に売ることが出来ますが回収するのに10~20年程度かかるとされています。
報道によれば、家庭が発電会社に屋根を貸し、発電会社がパネルを置けるしくみを整え、家庭は屋根の賃料を、企業は売電収入を得て、太陽光発電も広がる「一石三鳥」のしくみのようです。
この報道では家庭に限定されていますが、自治体や法人にも適用されれば、この政策は常滑市にとりましてもチャンスです。仮に常滑市内の公共施設などの屋根を貸し賃料収入を得ることが出来ますし、新エネルギーの街常滑市と国と発電会社とのモデルケースとしても成り立ちます。
具体的な方向性は示されていないものの今後も注視しながら、常滑市として名乗りを上げるよう提案してみたいと思います。
スポンサーサイト

category: 未分類

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ