05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

常滑市議会議員 加藤が「動く!」

日々の暮らしの中で笑顔あふれる街にしたい。常滑市議会議員 加藤久豊の政治姿勢は「動く!」です。

名古屋港浚渫土砂新処分場計画を公募型プロポーザルで発注へ 

専門紙によりますと、国土交通省名古屋港湾事務所では、毎年100万立方㍍余りが発生する名古屋港湾内の浚渫土砂について、新たな処分場を整備する新処分場候補地である中部国際空港沖を対象とした調査を着手し、7月をめどに整備計画検討業務を簡易公募型プロポーザル方式で発注する予定だそうです。
12年度末まで、整備手法や周辺環境への影響などを調査、13年度以降は、同空港沖で大まかな処分場整備地を割り出し、関係機関との協議を進め、順調に進めば、環境影響評価などの手続きの完了後、公有水面埋め立て手続きに入るとしています。整備概要は、空港沖に護岸を築堤、地盤改良を施し、護岸の延長は6300㍍程度を見込んでいるとされています。
議会にも2010年12月に説明がありましたが、浚渫土砂の安全性や完了後の土地活用方法など、多くの要望も出されたと記憶しています。
スポンサーサイト

category: まちづくり情報

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ